民泊のホストを始める前にどのような点を知っておくべきなのか

SITEMAP

カウンターがある部屋

民泊でしかできないことは何か

額縁が飾られた部屋

利便性が求められる現代では、古民家風の家づくりが減少してきているので、民泊は日本好き・日本の歴史が知りたい外国人観光客や、村や郡の地域ではなく市の地域に住む、田舎に住んでいない日本人の観光客が、昔ながらの日本らしさを体験し、自然豊かな取れたての魚や野菜中心の、家庭的な母の懐かしい味がする料理を楽しみたいと考える人が宿泊しているように感じます。子供を連れて行けば、その子供は現代の子供にはなかなか体験できないことを味わい、経験することができます。
民泊はホテルのように接客慣れしたプロが経営や宿泊客を接待しているわけではなく、現地の人がホストとして自らいろいろもてなし方法を考えて接待してくれるので、ガイドブックなどでは知りえない情報を入手できる可能性もあり、人と人との人情味がより味わえ、宿泊にかかるコストもホテルに比べてかなりお安いので、長期間でも滞在可能なところがいいです。昔ながらの柱はしっかりしているし、レトロな味わいのある家も素敵であり、ただ空き家というだけで処分するのはなんだかもったいない気がするので、過疎化で人口減少した地域で有効活用し、観光客を呼び込むことで、地域を活性化させることにつながり、その地域の魅力を発信して世間に伝える有効手段の1つが民泊となっていると考えます。

TOP