民泊のホストを始める前にどのような点を知っておくべきなのか

SITEMAP

カウンターがある部屋

PICK UP

これからの民泊のターゲットは外国人

今からホストとして民泊を経営しようと思っている方や、これからもホストを続けていこうと思っている方には、外国人向けのサービス提供をオススメします。何故なら、これから2020年にかけては、オリンピック効果で外国人観光客がたくさん来日することが予想できるからです。政府も、目標としていた外国人観光客の数がもう既に達成されたとあって、人数修正を行っていました。これはビジネスチャンスです。
ということで、観光客には泊まるところが必要です。ホテルを望む方もいますが、安さと文化を味わえるという2つの観点から民泊を選択する方たちもいます。ということは、その要望を叶える宿作りをすれば良いでしょう。
ホストを始める前にまずは値段設定です。これは他の民泊の値段を見て相場をしっかり把握することが大切です。また、文化面では外国人観光客が喜びそうな和室があると良いですね。浴衣体験として着付けができれば尚良しですし、何かしらの日本文化を体験させてあげましょう。そのような環境がある場所を早めに確保しておくのも民泊を始めるにあたって重要なことです。
そして、中学英語ができれば会話はできるので、簡単な英語を勉強し直しておくのも準備には欠かせません。どのような客をターゲットにするかによって言語を選びましょう。

民泊ビジネスを始める前に知っておくべきこと

近年、外国人旅行客の増加に伴い、ホテルなどの宿泊施設が不足しているとよくニュースで耳にします。そこで政府が最近進めているのが民泊です。民泊ビジネスができるように法整備を進めています。きっと多くの方がホスト側として民泊ビジネスに興味を持っていると思いますが、実際に民泊のホストを始める前にどのような点を知っておくべきなのでしょうか。今日はそのいくつかの点を記します。
まず最初に知っておくべきことは、現在民泊ビジネスには法的な壁があるということです。ですので、日本で民泊ビジネスをやっているホストの中にはグレーな民泊ビジネスが含まれていることも事実です。しかし、この法的な面での障害はいずれ解決されるはずです。
次に知っておくべきことは、利用客と近隣の住民によるトラブルが生じる可能性があるということです。例えば、マンションの1室を使って民泊ビジネスをはじめたとします。利用するお客様がゴミ出しのマナーを守らなかったりすると、近隣住民からの苦情があったり、さらに夜中まで騒がしくしていると、管理会社から連絡が入ったりします。それで、こうしたトラブルを避けるために事前にしっかりと文書と受け入れの際に説明することが重要です。
このように民泊ビジネスには特有の問題があります。まずは始める前によく理解するようにしましょう。

民泊をする時の注意点

最近よく耳にする民泊ですが、その名の通りホストの方が住む民家にゲストとして宿泊する事です。そのためホテルや旅館よりも格安の値段で泊まる事が出来ます。もちろんホスト側にも収入があるので、使ってない部屋があれば貸し出したいと思うのも無理ないです。しかし民泊は最近ニュースで取り上げられるように、グレーゾーンな場合があるので注意が必要です。
それは少し前に問題になった白タク(自家用車でタクシーより安くタクシー業をして利益を得る)のようになってしまう事があります。民泊ビジネスとして部屋を貸し出すホストはしっかりと許可を取る必要があります。取っていない場合は旅館業法というのに引っかかってしまいます。それでペナルティを負うのもよくないので、サービスを開始したい時は絶対に申請して下さい。
また、泊まる側のゲストにも注意する点があります。それは許可を取っていない人の部屋を借りる事です。しっかりとした業務ではないので多額の請求をされてしまったり、物を盗られてしまったりという事がありえます。しっかりと許可を取っているか確認してからの方が良いです。可能であれば知り合いの仲介などがあると安心です。
こうして見ると問題しかないように見えますが、もちろん良い点もたくさんあります。お金のない学生でも旅行が出来るようになるし、副業をしたいと考えている人の夢を叶えてくれます。大切なのはやはりルールを守る事です。楽しい旅行が出来る事を祈っています。

TOP